青汁は、野菜不足の解消や健康維持にとても効果的な飲み物。

昔に比べ飲みやすい物も多く、最近では青汁でダイエットを行う女性も多く、芸能人やモデルさんが、ブログやインスタで紹介しているのも、よく目にします

しかし、野菜ジュースやグリーンスムージーと比べて、どの様な違いやメリットが有るのでしょうか?

青汁の効果やおすすめの理由を実際に比較してみましょう。

青汁が他の健康ドリンクよりおすすめな理由とは?

はじめに健康補助食品の代表であり、昔から親しまれてきた青汁とその他の飲み物を比較していきたいと思います。健康や美容目的の場合におすすめの飲み物は何でしょうか。

青汁と野菜ジュースを比較

まずは青汁と野菜ジュースを比較してみましょう。

野菜ジュースはコンビニやスーパーで気軽に買えますので、お家で常備していたり、ランチタイムに買ったりする人が多いと思います。安く手軽に野菜の成分を摂れるということが野菜ジュースの魅力ですよね。

野菜ジュースも青汁も同じように野菜で出来ているのだから、比較しても同じでは?と、お考えではありませんか?しかし、青汁と野菜ジュースを比較してみると大きな違いがあるのです。

まずは、青汁と野菜ジュースの飲みやすさを比較してみましょう。青汁と野菜ジュースを比較してどちらが飲みやすいかと考えると、大抵の人は野菜ジュースと考えてしまうと思います。

やはり青汁はケールという少し癖のある野菜が含まれている物が多いので、好みが分かれる味なのかもしれません。ただし、野菜ジュースには盲点があります。

みなさんは、なぜ野菜ジュースがあれほど飲みやすいのか、考えたことはありますか?
簡単な話、野菜ジュースには果物や糖分を多く含まれているからです。野菜というよりも、甘いジュースに近づけることで、手軽に野菜を摂ることができるという感覚ですね。

飲みやすいのはいいことなのですが、糖分の多い野菜ジュースをたくさん飲むのは、あまりおすすめできません。
生活習慣病を気にして野菜ジュースを飲んでいても、知らず知らずのうちに糖分を摂取しているかもしれませんよ。

その反面、青汁は野菜や植物など自然の物を多く使い、糖分も添加されているということがありません。青汁と野菜ジュースの飲みやすさを比較してみると、両者の特徴が少し見えてきましたね。

さらに、青汁と野菜ジュースの違いとして、含まれている栄養素が全く異なります。同じ野菜由来の飲み物でも、栄養が変わってくる理由は何でしょうか。

その理由は、野菜ジュースがしっかりと加熱処理されて作られているからです。加熱処理は一見いいことのように思えますが、熱に弱い栄養素はもれなく熱で変性してしまいます。

特に、ビタミンCが熱に弱いため、野菜ジュースではビタミンCがほとんど摂ることができません。

美容効果を期待して野菜ジュースを飲んでいても、残念ながらビタミンCは摂れていないということになります。さらに様々な酵素も、本体はタンパク質ですので、野菜の酵素はほとんど変性してしまいます。

野菜の成分をそのまま飲んでいるというわけではないのです。

その点、青汁は栄養素や酵素が失われないようにするフリーズドライ製法で作られている物が多いです。熱に弱いビタミンCも、植物由来の酵素ももちろん含まれていますので、栄養素の効果をもれなく吸収することができます。

飲みやすさよりも確実な栄養素を重視したい場合、青汁の方がいいということですね。

青汁と野菜ジュースを比較して、違いが少しお分かりいただけたのではないでしょうか。案外と手軽な野菜ジュースでは摂取できない栄養素があるかもしれませんよ。

青汁とグリーンスムージーと比較

次は、青汁とグリーンスムージーを比較してみましょう。

グリーンスムージーは愛用している女性も多いのではないでしょうか。飲みやすさもさることながら、お腹にもたまりやすいので、ダイエットの味方として飲んでいる方も多いと思います。野菜を買って手軽に作ることができるのも魅力ですよね。

青汁とグリーンスムージーも野菜が多いのだから、比較しても同じでは?と、思われるかもしれません。しかし、青汁とグリーンスムージーも比較してみると、違いが明確です。

まずグリーンスムージーはグリーンと言いつつも、一定の割合で果物が含まれています。市販のものはいいのですが、自分でグリーンスムージーを作る際には果物の量に注意しなくてはいけません。

自分でグリーンスムージーを作る場合に、飲みやすさを意識して多くの果物を入れてしまうことがあります。

これだとグリーンスムージーというよりもミックスジュースに近づいてしまいますよね。
そんなことをしてしまうと、果物から余計な糖分を多く摂取することにつながります。

ダイエット目的でグリーンスムージーを飲むという場合は、果物の割合に注意しないと、痩せにくい体になってしまいます。

さらに、余分な糖分は血糖値を上げることにもつながるので、グリーンスムージーを自分で作る場合には注意しましょう。

市販の物でも糖分や果物が多く含まれている物がありますので、成分を見て選ぶのがいいかもしれませんね。

その点、青汁にはとても高いダイエット効果が秘められています。グリーンスムージーと青汁を比較すると、青汁にはクマザサ、明日葉、大麦若葉といったあまり聞きなれない植物が多く使われています。

これらの成分にはたくさんの栄養素が野菜の数倍含まれており、グリーンスムージーよりも効果的に摂取することができます。栄養を摂り、体の中からキレイにしていきたいのであれば青汁の方がおすすめです。

グリーンスムージーは野菜と果物を使って作られています。その分、野菜と果物のカロリーをそのまま摂取することになります。

さらに飲みやすさのためにオレンジジュースを入れてみたり、牛乳を混ぜてみたりすると、その分カロリーは増えてしまいます。

スムージーにスイーツらしい美味しさを求めることで、余分なカロリーを摂っているかもしれませんよ。一歩間違えば、ちょっとしたおやつを食べているのと同じようなカロリーになることもあります。

野菜を摂りたい場合はいいのですが、ダイエット目的で比較するとカロリーの少ない青汁の方がいいかもしれませんね。

しかし、両者ともに野菜の効果を余すことなく摂ることができるという点では同じです。

グリーンスムージーは生野菜をそのままミキサーでスムージーにするため、野菜ジュースなどよりも栄養価は高いです。

青汁と比較してしまうと少し劣りますが、どちらも野菜を上手く摂ることができる、野菜不足解消におすすめの飲み物と言えるでしょう。

青汁とココナッツウォーターを比較

それでは次に、青汁とココナッツウォーターの比較です。

みなさんは、ココナッツウォーターを飲んだことがありますか?ココナッツウォーターとは、ココナッツの中に含まれている透明な水分のことです。

観光地では、ココナッツに直接ストローをさして飲むココナッツウォーターが売られていますよね。

モデルさんや海外セレブがダイエットや美容飲料として飲みはじめ、日本でも徐々に広まりつつあります。最近では、コンビニやスーパーなどでも見かけるようになり、ダイエット飲料として親しまれています。

ココナッツウォーターは薄味で、青汁と比較すると飲みやすいかもしれません。同じようにダイエット効果、美容効果のある青汁と栄養素から比較すると、どのような違いがあるのでしょうか。

ココナッツウォーターには、多くのミネラルが含まれていることが一番の特徴です。カリウム、マグネシウム、カルシウムが多く含まれていて、スポーツドリンクのような成分構成になっています。

含まれている栄養素自体はスポーツドリンクと似ているのですが、驚くべきはカリウムの含有量です。ココナッツウォーターに入っているカリウムは約230㎎と、スポーツドリンクの20倍もあります。

カリウムは栄養バランスが崩れるとすぐに不足してしまう栄養素なので、簡単に補うことができるのは素晴らしいことですね。

また、カリウムには、利尿作用があります。カリウムはナトリウムと共に、体の水分バランスを調節しているのです。

カリウムは細胞の内側に多く含まれているミネラルなのですが、さらに食物から摂取することで、余分なカリウムと共にナトリウムや水分を、一気に排出させるように働きます。

利尿作用はむくみを取ったり、老廃物を体から排出したりする効果があります。これがダイエット効果につながっているのかもしれませんね。

青汁とココナッツウォーターを比較したときに異なるのは、含まれている栄養素の違いです。

ココナッツウォーターには主にミネラルが含まれています。しかし、青汁は野菜や植物から作られていますので、ミネラルだけではなくビタミン、食物繊維など多くの栄養素を網羅的に摂取することができます。

ただ、ダイエットや美容などの目的があって飲むのであれば、青汁の方がいいかもしれません。ココナッツウォーターは、ダイエットというよりも、どちらかというと水分補給に向いているドリンクです。

運動後の体や乾燥しきった体にココナッツウォーターを流し込むことで、ミネラルが体中に染み渡ります。

汗はなめてみるとしょっぱいですよね。これは、汗にナトリウムなどのミネラルが溶け出して、しょっぱいと感じるためです。

ミネラルは汗からすぐに流れ出て、あっという間に不足してしまいます。つまり、汗をかいたときにスポーツドリンクを飲むというのは、ミネラル補給の意味も兼ねているのですね。

ダイエット効果があるとして人気のココナッツウォーターですが、青汁と比較すると栄養補給というよりも、適切なミネラル補給に向いている飲み物であることが分かります。

青汁のすごい効果の理由とは?

これまで青汁といくつかの飲み物を比較してみてみました。

同じ野菜を使っていたり、ダイエット効果があったりと、同じような気がしますが、実際に得られる効果は異なるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

しかし、他の飲み物と比較したときに、青汁の方が群を抜いて効果が高いのは、なぜなのでしょうか?青汁と他の飲み物との違いを比較して、さらに詳しくご説明しましょう!

青汁は含まれているビタミンの量が違う

青汁は、他の飲料と比較すると、含まれている栄養素の量が違います。比較して特に青汁の違いが出るのが、ビタミンの量です。

青汁は主に、ケール、大麦若葉、明日葉など、普段は食べないような野菜で作られています。これらの野菜というのは、ビタミンの場合、ケールはキャベツの2倍、大麦若葉はほうれん草の30倍ものビタミンが含まれています。

先ほどお話ししたグリーンスムージーに、いくらキャベツやホウレン草を使ったとしても、青汁と比較してしまうとビタミン量は劣ってしまいます。

例えば、ケールは青汁によく使われるキャベツの一種なのですが、そのキャベツと比較しても栄養素の量が豊富なので、野菜の王様とも呼ばれているくらいですよ。

ビタミンの中でも、ケールには特にビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCと言えば美容効果を期待して積極的に摂るビタミンですよね。ビタミンCには、強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、活性酸素を分解するように働く作用です。活性酸素は普段最近、ウイルスを分解するために働いているのですが、長期間体内に残っていると細胞を酸化させてしまいます。

酸化は、金属がさび付いたような状態ですので、正常な働きができなくなってしまいますよね。さらに、酸化することで細胞は壊れ、余計な老廃物が放出されることもあります。

この活性酸素を防ぐことで、皮膚の健康を守ることができるのです。女性が気になるシミやくすみを防いでくれるので、美しい肌を作ることができます。

他の飲み物と比較しても群を抜く青汁のビタミンCを摂ることができる青汁で、美容効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

先ほどご紹介した明日葉は、ビタミンとミネラルが野菜の中でもトップクラスという素晴らしい野菜です。他の青汁に含まれている野菜と比較すると、明日葉にはビタミンB12が含まれていることが魅力と言えるでしょう。

ビタミンB12は、細胞に必要なDNAを作るのに役立っています。お酒を飲みすぎている方で不足しがちなビタミンで、足りなくなると脳神経系の異常を引き起こしてしまいます。

そんなビタミンB12は、神経系に作用してより良い睡眠を作る手助けをしてくれます。
自律神経の働きを正常化して、うまく睡眠に入ることができますよ。日々不眠症に悩んでいる方はぜひ青汁の安眠効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

さらに、ビタミンB12は、葉酸と共に血液を作っているビタミンです。ビタミンB12が不足していると悪性の貧血に陥ってしまいますので、しっかりと補わなければいけませんね。

それ以外にも青汁は、他の飲み物と比較してみた場合、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンEなどたくさんのビタミンを摂ることができます。
ビタミンは普通の食事を摂っているとどうしても不足しがちになりますから、青汁から補っていくと良いでしょう。

青汁が優れている点は食物繊維の量

青汁は、他の飲み物と比較すると入っている野菜の種類が豊富です。先ほど紹介したケール、大麦若葉、明日葉の他にもクマザサ、ゴーヤなど青汁ならでは野菜がたくさん入っています。

青汁に入っている野菜はどれも、ご家庭で一般的に食べる野菜と比較すると食物繊維が豊富です。その中でも、青汁に使われているケールに、比較的多くの食物繊維が入っています。

多くの青汁商品にはケールが使われていますので、食物繊維を摂りたい方は青汁がおすすめです。

食物繊維もまた、野菜を食べているつもりでも目標量には足りていないということをご存知でしたか?

食物繊維の目標摂取量は、男性が20g、女性が18gと言われています。しかし、この目標は食事が欧米化してきたことによって、男女ともに全く達成することができていません。

朝ご飯を抜く生活や、コンビニ弁当、インスタントラーメンに頼る生活ではさらに食物繊維の量が足りなくなってしまいます。

他の飲み物と比較しても青汁の食物繊維量は優れているため、積極的に飲むことで、適切な量の食物繊維を摂ることができるでしょう。

食物繊維は、便の量を増やして、排便を促す効果があります。便秘に悩んでいる人は、食物繊維が足りていないということもありますので、意識して取らなければいけません。

さらに、食物繊維は腸内細菌のえさとなりますので、腸の中の善玉菌を元気にする効果があります。便秘や下痢など、便の調子が悪い方は、腸内細菌がうまく働いていない可能性があります。食物繊維を摂ることで、腸内環境も整えていくことができますよ。

また、食物繊維には生活習慣病を予防する効果が期待できます。食物繊維を摂ることで、糖分、脂質の吸収を穏やかにしてくれます。

糖分や脂質の吸収が早いとその分高血糖、高コレステロール血症になりやすくなり、検診で異常値が出てしまうようになるのです。

高血糖、高コレステロール血症を予防することが、生活習慣病の予防につながっています。

食後の高血糖をなくすと、血糖を下げるホルモンのインスリン分泌が正常になりますので、糖尿病を予防することができます。
さらに高コレステロール血症は肥満だけでなく、心臓病、血管疾患の原因となってしまいますので、ぜひ予防しなければいけませんね。

生活習慣が悪ければ、誰でも将来生活習慣病にかかるリスクがあります。食物繊維の豊富な青汁は、生活習慣病の予防におすすめの飲み物なのです。

青汁でしか摂ることができない野菜がいっぱい

青汁がおすすめできる点は、原料に使われる野菜にもあります。

青汁という飲みやすい形にすることで、普段はあまり親しまれていない野菜も、比較的簡単に摂ることができます。青汁にしか入っていない野菜には、他の野菜と比較するととても高い栄養効果が含まれているのです。

例えば、青汁には、明日葉という野菜が含まれています。明日葉は、生命力の高さゆえの豊富な栄養素が魅力です。

青汁に含まれている明日葉は、ビタミンとミネラルが他の野菜と比較しても群を抜いています。ミネラルの中では特にカリウムが多いので、むくみ解消効果を強く期待できるでしょう。

さらに明日葉には、カルコンという明日葉独自の成分が含まれています。

カルコンは強い抗酸化作用を持ち、アンチエイジング効果が優れているほか、がん抑制効果も期待することができます。がん抑制と美容効果を一気に得ることができるのが明日葉の魅力ですね。

青汁には、大麦若葉という野菜も良く使用されます。

大麦若葉は、青汁に含まれている野菜の中でも比較的まろやかで飲みやすい味なので、初めて青汁を飲むという方にもおすすめです。大麦若葉は、その名の通りオオムギの葉で、大麦の健康効果に加えて葉ならではの栄養素も摂ることができます。

青汁の中の野菜と比較すると、大麦若葉は鉄分が多いのが一番の魅力です。鉄分は、なかなか食事から適正量を摂ることが難しく、不足しがちの栄養素です。

特に女性の場合毎月の月経で定期的に鉄分が失われてしまいますので、鉄欠乏性貧血を引き起こす可能性があります。貧血の症状はめまい、疲れやすさ、イライラまで引き起こしてしまいます。

なんだか体がだるい、疲れやすい、階段で息が切れやすくなった…などの症状がある方は、知らず知らずのうちに鉄分が不足しているのかもしれません。

大麦若葉には、他の野菜と比較してもトップクラスの鉄分量を誇ります。鉄分が多い食品はヒジキ、ホウレン草などですが、この鉄分を飲料で補うとなれば、青汁との右に出るものは滅多にありませんね。

健康ドリンク、ダイエット飲料など、魅力的なものがたくさんあると思います。しかし、体に必要な栄養素を効率的に摂るなら、やはり青汁をおすすめします。

青汁と他の飲み物を比較してみて、違いはたくさんありますが、ぜひ目的に合った飲み物を選んでみてくださいね。

他の飲み物と比較して青汁が優れている効果とは?

青汁には、飲むことでいくつかの効果を同時に期待できます。一石二鳥、いえ一石何鳥も素敵な効果があるのです!

それでは、青汁の素敵な効果をご紹介しましょう。

青汁の健康効果がすごい

青汁が他の飲み物と比較して優れている効果は、やはり健康効果です。

健康補助食品の頂点ともいうべき青汁には、たくさんの健康効果が含まれています。青汁には、ケールという野菜の中で比較するとトップクラスの栄養効果をもつ野菜が含まれています。

このケールには、ルテインという栄養素が含まれていて、紫外線から目を守る働きをしています。

紫外線を浴び続けていると、網膜は年と共に変性していってしまいます。その変性は黄斑という網膜の中心部から始まってしまいますので、年を取ると老眼に加えて中心部が見にくくなってしまうのです。

年齢から目を守るためにも、ぜひ青汁からルテインを摂りたいですね。

さらに、ケールにはメラトニンというホルモンが含まれています。このメラトニンは、睡眠時に放出され、眠りに入るために必要なホルモンです。メラトニンは安定した睡眠に必要なだけではなく、疲れやストレスを摂るために必要です。

不眠に悩んでいる方や、眠っても疲れが取れないというような方にはケールの入っている青汁がおすすめです。

他の飲み物と比較しても、この安眠効果は青汁ならではと言ってもいいのではないでしょうか。

さらに、青汁には大麦若葉、クマザサ、桑の葉などカルシウムが多く入っている野菜が含まれています。そのため、他の飲み物と比較してもカルシウムから得られる健康効果が青汁の魅力です。

カルシウムと言えば骨や歯を作るミネラルですよね。カルシウムを食べ物や青汁から摂取することで丈夫な骨と歯を作ることができます。

さらに、カルシウムから骨を作るためには葉酸やビタミンも必要になってきます。ビタミン、葉酸など栄養素が網羅的に含まれているのは青汁の強みですよね。

青汁は、他の飲み物と比較すると生活習慣病予防にもってこいの成分が多く含まれています。

先ほども食物繊維を生活習慣病予防として紹介しましたが、他にもSOD酵素というものが含まれています。

このSOD酵素というのは、大麦若葉特有の酵素で、抗酸化作用を持っています。活性酸素を除去し、酸化を予防することで、細胞が傷つくのを防ぐことができます。

細胞が傷つくとガン化や動脈硬化のもととなってしまいますので、抗酸化作用は生活習慣病予防に大切です。

他の飲み物と比較しても、青汁の生活習慣病予防効果は、目を見張るものがありますね。

青汁は美容効果もすごい

先ほどは野菜ジュースやココナッツウォーターと比較しましたが、青汁の美容効果はとてもすごいです!最近、青汁がモデルさんや比較的若い女性たちが美容効果を求めて飲んでいるということを、ご存知ですか?

野菜の苦みや癖が強くて飲みにくい…などと言うのは今や昔、若い方にとっては飲みやすい青汁の方がメジャーになってきたのかもしれません。

青汁の美容効果は、前半で野菜ジュースと比較して、ビタミンCが豊富であるとご紹介しました。しかし、青汁に含まれている素敵な栄養素はビタミンCだけではありません。

青汁にはビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEはビタミンCと共に作用して、お互いの効果を高めあうことで抗酸化作用をさらに強くします。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類に多く含まれているのですが、なかなかビタミンCと一緒に取るということはないと思います。他の飲み物と比較すると青汁はビタミンEが入っていることで、ビタミンCのチカラを発揮しやすくなっているのです。

さらに、ビタミンEには冷え性を改善する効果が含まれています。冷え性は多くの女性が悩まされている健康問題ですよね。しかし冷え性は健康的によくないだけではなく、美容にもよくありません。

冷え性は血行が悪い状態ですので、通常のお肌と比較すると美容液が通りにくかったり、肌の色合いがワントーン下がったりしてしまいます。

美容的にも冷え性はよくない状態ですので、ぜひ青汁をとって素敵なお肌をめざしましょう。

さらに、青汁に入っているクマザサという植物には、デトックス効果があります。クマザサの中にあるクロロフィルという小さな色素が、腸の中の老廃物をはがして、排出してくれます。

血液をサラサラにする効果もありますので、さらに血行が良くなり、血色のいいお肌を手に入れることができるかもしれません。

青汁と他の飲み物を比較してみると、美容効果でも群を抜いているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

青汁のスゴイ効果まとめ

健康効果も美容効果も含まれている青汁がいかに優れているか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

健康維持はもちろん、ダイエットや美容にも効果的なので、女性にとくにおすすめ。肥満が気になる男性にも